つっコミ行ってきました。

寒いです。本当に寒いです。
少し暖かくなってきたかな〜と油断していました。

日付が変わってしまったので、昨日12日。つくばのセンター付近で
催されている「つくばSF・コミックフェスタ2011」に行ってきました。

イーアスに行きたいとぐずる娘と二人(主人は仕事でした)でほんとに写真撮ったり出来るのか不安を抱えながら参戦。
イヤイヤな感じを漂わせアイアイモール付近に到着すると娘早々にプリキュアのお姉さん達を発見!!
男性陣が撮影をしている中、側に寄っていきたくても寄っていけない娘をお姉さん達が見つけて呼んで下さいました。

110212.jpg

そして、抱っこしてもらって写真を撮りました。
ちょっと逃げ腰というか、あらぬ方向を見ている娘ですが、よーく見るとにやにやしてます。
プリキュアのお姉さん達ほんとに綺麗で可愛くて、こんなに寒いのに寒そうな様子も全然見せず、ほんとに素敵でした。ありがとうございます♪

さて、本題に!!
つくば商工会のブースに移動。
つくばヤーコン商品もかわいらしいイラストのラベルを貼られて並んでいました。
髪留めにはヤーコンの葉っぱを飾り。かわいらしい模様のコスチュームですね。
実はこのコスチューム、ペルーの遺跡で発見されたヤーコンを左手にもった土偶に描かれていた模様からイメージした物だそうです。

110212a.jpg

ヤーコン茶のパッケージがずらっと並んでいるのはインパクトがあります。

110212b.jpg

そして、こちらは試飲のヤーコン茶を配っていたメイドさん。
かわいらしいですね〜♪

110212d.jpg

お隣には、沼屋さんのお醤油。イメージキャラの「紫かをる」ちゃん。

110212c.jpg

そして、こちらは学園ハムさん。
ここにもコスプレのお姉さんが!
黙々とソーセージを焼くおじさまとコスプレのお姉さんのギャップが素敵でした。

110212e.jpg

プリキュアのお姉さん以来、俄然調子が出てきた娘。今度は帰らない攻撃が始まりました。
無駄に、コスプレ会場のつくば中央公園とアイアイモールを往復させられるも、娘が知っているキャラのコスプレイヤーさんに出会える訳もなく、母は無駄にへとへとでした。 
で、アイアイモールステージでイバライガーショーが始まるまでつきあわされ始まってもなく、くい付きがわるいなーと思っていたら「アンパンマンがでない」という何ともひどい捨て台詞を残して家路につくことに・・・。
結局西武でしばし遊ばされ、更に体力を奪われて帰宅しました。

110212f.jpg

ちょっと大人向きのイベントかな〜と思っていましたが、意外と娘も楽しめたようでよかったです。
つくばの新しいムーブメントに敬遠せずに参加してみるのも楽しいですよ。
っていうか、娘と私はとっても楽しかったです。
あと1日「つっコミ」に遊びに行ってはいかがですか?




干しヤーコン

少し暖かい今日この頃。
花粉飛び始めてるっぽいですよね。
北海道出身の私も10年以上つくばにいると、徐々に花粉に汚染されています。
寒くなってお休みしていたヤーコン茶 近々仕入れてこなければ!!
残っていたものを数日前に入れて飲んだのですが、やっぱり効いている気がします。
気になる方はお試しを!!

さて、別件の仕事がちょっとだけ落ち着き、やっと干しヤーコン記事に手をつける事が出来ました。

先日の干し芋の時にこちらの写真&取材もしていました。
遅くなってすみません。

まずは、非常にいまいちな写真ですが・・・・・
この中でヤーコンが蒸されています。すごい蒸気です。

110128b.jpg

ラッキーなことに蒸しあがりに遭遇できました。
中はこんな感じで入っています。

110128c.jpg

そして蒸し上がったばかりのヤーコンです。
美味しそう♪

110128d.jpg

そして、こちらが、干しているところ!

110128e.jpg

できたてを味見させていただきましたよ♪
最初は半乾燥よりちょっと進んだくらいのものを試食。
ドライマンゴーに似た食感ですが、甘味は弱い感じ。
次に、ほぼ乾燥が完了したものを試食。
甘いです!!美味しかった〜〜。

そして、ヤーコンを干しているのは、このビニールハウスの骨組みに網をはったもの。
やはり美味しいものは野生の感で鳥にもわかるらしく、鳥よけのためにこうしたそうです。
ちなみに、干しヤーコンを狙ってくるのは「おなが」だそうです。


ヤーコンを干している横で遊ぶ社長のお孫さんとうちの娘の写真も何となく載せてみたり・・・。
110128g.jpg

お孫さんは娘と同じ3才でとっても優しい男の子。
あまり会える機会はないのですが、会って遊ぶと必ず帰りに「帰りたくな〜い」と娘は号泣です。
ryoちゃんいつも遊んでくれてありがとう♪


干しヤーコンは生のヤーコン700gを干すことで50gになってしまうそう。
蒸し時間も前回紹介したさつまいもよりも非常に長くかかるそうで、作るのは本当に大変。
そういう情報もふまえて、干しヤーコンをみるといとおしささえ感じます。

そして、干しヤーコンももちろん(何度も言いますが)お腹にいいですよ。
ちなみに、この日も♪
ただ、ほんとに効くので食べ過ぎ注意です。

週末はヤーコン茶と干しヤーコンを買いに「つくばのよい品」に行かなきゃ!
子連れでヤーコン商品を物色している人物を見たら私かもしれません。ふふふ




干し芋(玉豊)

気がつくともう1月が終わろうとしています。
あ〜〜やろうと思っていた事が全然終わってない・・・。
でも、ちょっとずつは前に進んでいるはず!
がんばろう。

先日今年初めて石島社長にお会いしてきました。
いつもながらパワフルでやる気と元気をいただけた気がします。
そして、お年賀もいただいちゃいました。

110128a.jpg

写真がよくないですが、かわいい兎の刺繍が入っているハンドタオルです。
当然3才の娘にとられました。

さて、今日はこだわりの「干し芋」のご紹介です。
私が伺ったときは蒸し上がりさましているところでした。
それが、こちらの写真。

tamayutaka_b.jpg

この状態のものを食べさせていただいたのですが、やさしい甘さで
とても美味しかったです。
もう少し乾燥がすすむとさらに甘くなると言うことでした。

そして、この日もたくさんいただいて帰りました。(ありがとうございます)

tamayutaka_c.jpg

こんな感じで質感が伝わるようによってとってみました。
この柔らかい感じ伝わりますか?

地元の皆様!
この「干し芋」普段ご覧になっているものとちょっと違うと思いませんか?

そうなんです。色が違うんです。
普段目にする「干し芋」はもっとグレーがかった色をしていませんか?
キレイな黄金色というか飴色というか何とも言えない美味しそうな色だと思いませんか?
これは、社長が開発した特別な製法だから出せる色なんです。
この色の違いだけでもこの「干し芋」の付加価値は上がると思います。

そして、社長がおっしゃっていた通り、次の日更に甘くなってました。
食の細い娘もすごい気に入って、ご飯のあとでも2本くらいは完食するほどです。

北海道の両親に送ってあげたいなと思うのですが、かなりの人気商品!
「つくばのよい品」実店舗ではすぐに売り切れてしまうらしいです。
私が取材に言っている時にも「よい品」から「干し芋がなくなった」という電話がかかってきたほどです。
正直教えたくなかったのですが、取材にも行ったし・・・・。
一応石島社長の手前もあるので記事にはしてみました。
そんな訳で、ご興味のある方「よい品」で見つけたら買っておいた方がいいですよ。

私は取材している者の特権で社長に直接お願いしちゃうけどね♪うふふ



ヤーコンのレアチーズケーキ

遅ればせながら、
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします♪

さて、年末の記事で宣言したとおり主人の実家でだらだらとした年末年始を過ごして参りました。
2日に帰ってきたものの、すっかり休みモードでだらだら継続中です。

そんな私ですが、材料の賞味期限に迫られて作ったのがこちら!
ヤーコンのレアチーズケーキです。
写真がいまいちです・・・・。
上の方に思いっきり指のあとがついてへこんでます・・・・。
あ〜〜新年一発目の写真がこれってチーズケーキ同様へこみます。
あ、ちょっと私うまいこと言えた?(へこみつながり!!)

110111.jpg

味はお友達にも試食してもらってお褒めの言葉をいただけました。
私自身もかなり成功だと思います!

まず思いついたのは、ヤーコンヨーグルトがあれだけ美味しいので乳製品に合うだろうということ。
そして、ヤーコンの食感を生かすこととヤーコンにない香り酸味を補うこと。

というわけで香りと酸味を補うために林檎を入れています。

何しろいい加減に作っているのでレシピといえるものではありませんが、一応材料と手順だけ書いてみます。

材料
クリームチーズ  200g
マスカルポーネチーズ  100g
生クリーム   200ml
(プレーンヨーグルトを好みで入れてもいいです)
砂糖      80〜100g
粉ゼラチン   4g
ブランデー     少々

ヤーコン    15〜20g
林檎      1/2個
砂糖      15〜20g

作り方
1.ヤーコンはみじん切り、林檎はいちょう切りにして砂糖と一緒に小鍋に入れて煮ます。
  (食感の違いを出すために林檎はくたくたになるまで煮た方がいいです)
2.ゼラチンに水大さじ2を入れてふやかしておく。
2.生クリームに分量の中から砂糖30gを入れてホイップする。(八分立て位)
3.クリームチーズは電子レンジで数秒加熱し柔らかくしておく。(もちろん室温でもOK)
4.別なボールにクリームチーズを入れてなめらかになるまで混ぜ、残りの砂糖を入れる。
5.4にマスカルポーネチーズを入れて更に混ぜる。
  (今回は雪印のマスカルポーネを使用しました。他の高級な物だと堅めだと思いますのでレンチンするか室温で!)
6.ホイップした生クリームをゴムべらなどで泡を消さないように混ぜる。
7.味見!!!これ重要です。甘味が足りないと感じたら混ざりやすい粉糖やはちみつなどをIN。酸味が足りないようならプレーンヨーグルトやレモン汁をいれてもOK。
8.ふやかしていたゼラチンを電子レンジで数秒加熱して溶かして入れます。
9.煮ておいたヤーコンと林檎のさめた物をさっくりと混ぜ込みます。最後にブランデーをひとたらし!
10.型に入れて冷やし固めます。

かなりいい加減に作ってます。
お菓子作りって難しい物もあるけど、意外といい加減でよかったりしますよね。
特に、レアチーズとかだと途中味見しまくり!

あと、底にビスケットを砕いて溶かしバターを混ぜたものを敷き詰めて、その上に生地を流すとまたよし!
ちなみに、一応今回も敷いているんだけど、何しろビスケットの量が少なくておまけ程度になってるので分量に入れませんでした。

ヤーコンと林檎の食感の違いがおもしろいです。
煮てもこれだけしゃきしゃき感が残るのはヤーコンのいいところ!
レアチーズの材料も今回はマスカルポーネがあったので使っていますが、なくてもOKだし他にサワークリームとか入れちゃったりヨーグルトの量増やしたりするのもありですよね。
とにかく焼くケーキと違ってふくらまなきゃいけないわけでもないし、途中味見が出来るのでお好きなように作っていただいてOKだと思いますよ♪
ヤーコンの食感お試しあれ!



ちなみに私夜作って朝食べて、夕方にはすっきりでした。
便秘にも効果ありです♪
そっちの意味でも是非お試しを!








珍しいみかんと紫大根

2010年も残すところ1日と数時間です。
今年もなんだかんだと忙しく過ぎていきました。
私事ですが、12月中旬からずっと体調崩し気味でして・・・。
しかも家族で!
そして最後の最後まで体調の悪さを引きずったのが私でした。
やっと今日少しだけ復活しましたが、大掃除も出来ていません。
と最初に言い訳をしてしまいましたが、ヤーコン料理作ってません。
すみません。
今年ほんとに貴重なヤーコンを大事に使いたいんです。
一応構想は何個かあるので年明けには何とかアップしたいなと思っています。


そんなわけで先日いただいてきたみかんと紫大根をご紹介。

まずは、みかんから。
写真左は石島社長のお庭で収穫させていただいた普通の大きさのみかん。
右のみかん!明らかに小さいですよね。
これは社長のお宅で毎年この時期食べていたという小さな小さなみかん。
社長は「みかん筑波」と命名されていました。

101230b.jpg

お味の方ですが、おいしいです!!
味が濃いんです。
スーパーで買うみかんは、甘いだけ甘くて味が薄くてぼけたようなものが多いですが、このみかんは全く違います。
最近のフルーツ 甘いだけのもの多くないですか?
美味しいフルーツって酸味と甘味のバランスだと思います。
みかん好きの方、いえフルーツ好きの方に是非ご賞味いただきたいです。
ちなみに、子どもがいっぱい集まる場所に間違って持って行ってしまった私。
気がついたら全部なくなっていました。(涙)

そして、こちらは紫大根を使ったサラダです。
かりかりベーコンのせてます。
可愛いピンク色ですよね♪

101230.jpg

大根自体は千切りにしたあと、食べやすくするのに塩もみしました。
その後、酢とオイルとクレイジーソルトで作ったドレッシングかけてます。
色を楽しむなら塩もみしない方がいいのかもしれません。

かりかりベーコンのコツ知ってますか?
弱火でゆっくりが基本ですよ。

どちらも「つくばのよい品」実店舗で取り扱ってます。
ご興味のある方はご覧になって下さいね。

私は明日から主人の実家の横浜に里帰りです。
ほとんど何も手伝わないダメな嫁です。
義理の母は料理好きで、もちろんとってもおいしいので今回もすごく楽しみ♪


では、皆様よい年末年始をお過ごし下さい。
来年もよろしくお願いいたします☆













ヤーコン収穫

今日というか、もう日付が変わってしまったので昨日ですね。
ヤーコンに会いに行ってきました。
ブログを書き始めてから初めて、念願の掘りたてのヤーコンとのご対面です。

101208.jpg

すっかり葉っぱは枯れています。
ヤーコンの葉っぱ収穫の時の光景とは全然違います。

そして、ご対面!

101208b.jpg

101208c.jpg

ご覧頂いてわかるとおり少ないし小さいです。(涙)
例年の1/10だそうです。
今年の水不足と猛暑がやっぱり響いていたんです。
11月にヤーコンサミットが催されヤーコン農家さんが集まったそうですが、
このヤーコンの不作は全国的だそうです。
そんなわけで今年のヤーコンは希少です。
売っているのを見かけた方は迷わず買った方がいいですよ。
当然お値段も高騰しておりますが、畑の状況や
社長から直接お話を聞くと、高くなっているとはいえお値段的には安いと思います。
ほんとにそれほど苦労して、大切に育てた物が例年の1/10なんですよ!!!
そんなわけで加工にはほとんど回らないそうです。
ヤーコン・スイーツ・ナチュラル好きの私としては悲しい限りです。
小さい物はシロップの加工にまわるそうですが、このシロップ今はまだ詳しいことは言えません。ただすごい物だと言うことは記憶しておいてくださいね♪

そして、この日は社長曰く「収穫祭」
干しいも用のサツマイモ(玉豊)の収穫をしている畑にも連れて行っていただきました。
ここでもお姉様達大活躍です。
当たり前ですが、ずっとこの体勢きついですよね。
頭が下がります。私も忙しい。忙しいとぴーぴーいっている場合じゃないです。
がんばらねば!
話が横にそれました。

101208d.jpg

101208e.jpg

これサツマイモなんですよ。白くて不思議ですよね。
こちらもいただいてきました。
まだ食べてはいないので、感想は色々まとめて後日。
こちらは、マルチをかけたそうです。
そのせいか、大きくてヤーコンよりはたくさん出来ていたようです。
この時におもしろいお話を聞かせていただきました。
実は、手間をかけて除草作業を行ったヤーコン畑はほとんど全滅で、
草をそのままにしていた畑の方が無事だったというのです。
過酷な状況下でもどんどん伸びる雑草のせいでヤーコンが成長できないように思われましたが、その雑草が今年の猛暑からヤーコンを守ってくれていたようなんです。
ちょっと不思議なお話ですよね。

そしてわがままを言って菊芋もいただきに・・・・いえ、写真を撮りに行きました。

101208f.jpg

こちらは、かわいらしい菊芋ちゃんがごろごろと大収穫です。
菊芋もマルチをかけたそうです。
普通なら1〜2mも根をはる菊芋ですが、マルチをかけたおかげでその場にとどまっていたらしく収穫がしやすくなっていたとおっしゃっていました。

このほかにも青臭くない、苦くないほうれん草。紫大根。みかん等たくさんおみやげをいただいてきました。ふふふ
まだ写真を撮っていないし、料理もしていないので詳細は後日また記事にしたいと思います。










発酵もみがら

お久しぶりです。
なんだか気ぜわしい今日この頃です。
しかも、親子で風邪なんかひいてみたりして・・・・。

さて、前回ヤーこんにゃくをいただきに伺った際に、
こちらも頂いてきていました。

1129b.jpg

1129a.jpg

上の写真の発酵もみがらは、通常生のまま土壌に混ぜると5年くらいかかるもみがらを発酵させることによって、20日間位で分解されるようになるそうです。

農薬や化学肥料に頼らず土壌改良が出来る素敵な商品だそうです。

といっても、難しいことはわからないというのが素人の私の本音です。
が、この発酵もみがらを使用して作ったお米が美味しいんです。
下の写真の「ハイテクつくばのこしひかり」がその商品なのですが、
ほんとに美味しい♪
炊きたてのあの香りはたまりません。

土壌改良が出来て、しかも美味しくなるなんて素敵ですよね。

石島社長も来年はこちらを使ってお米を作るそうです。
(ご親戚が田んぼを持っていらっしゃるそうです)

発酵もみがらは「つくばのよい品」でも販売されていて、結構売れていたそうです。
つくばと言う土地柄研究者の方が多いので、興味をひかれたりするのかな〜と思います。
私の主人も研究者ですが、やはり興味を示していました。

ご興味のある方は、株式会社つくばアイノさんのサイトにGO











ヤーコンこんにゃく

101102.jpg

先日伺ったときに頂いたヤーコンこんにゃくを使ってクックパッドで人気の
ばたばた作ったら見た感じでおわかりの通りしょっぱかったです。
しかも、青ネギが無かったので、普通の長ネギの白い部分をワイルドにのせてます。
でも、おいしかったですよ♪

そして、自分自身あんまりわかってなかったのですが、どうやら私便秘症になっていたらしい・・・・。
というのは、ヤーコンに便秘に効くフラクトオリゴ糖や食物繊維が豊富なのはわかっていたけど、自分は便秘じゃないから関係ないと思っていたんです。
実証した人が身近にいないのに記事にするのは・・・・と思いあまり書いていませんでしたが、今回ヤーコンこんにゃくを食べるたびに、それはもうすっきりしたんです。

自分が体験しておすすめします。
ヤーコンは便秘に効きます。
しかも、よかったのがお腹がゆるくなると言うのではなく健康的に出ます!!
(食事中の方ごめんなさい)

ただ、個人差もあるのかな〜〜。

社長の話によると、ヤーコンパウダーを入れたクッキーを開発中に、作った方が試食してお腹がゆるくなったという話を聞きました。
これは、ヤーコンの力を知らずに思い切りヤーコンパウダーを入れたためだと思われます。

適正な量を探りながら、最初は少なめに食べることで私のように健康的に便秘解消に繋がるんじゃないかと思います。

便秘解消に
「薬に頼らずヤーコンを!」
試してみてください。(なんか笑点風?)

ちなみに、ヤーコンこんにゃく。
主人曰く「ヤーコンにゃく」。
ほんとにおいしいので是非商品化して欲しいです。
石島社長。ご検討下さい♪







ヤーコン茶葉になるまで

1031a.jpg

前回の記事で心配していた霜ですが、降りなかったようで
ヤーコン茶は無事でした♪
よかった〜〜。

実は、あの次の日
「今日は筑波山がきれいに見えるよ!ヤーコンこんにゃくも作ったから取りに来て」
といううれしい連絡を受けて、図々しくこんにゃくをもらうべく出かけてきました。

そして、トップの写真のような美しい光景に出会えました。
つくばにすんでいるけど、なかなか普段の生活では筑波山を見ると言うことを
しないので、自然の中でこうして望む筑波山の美しさにはっとさせられます。

さて、ヤーコン茶の作り方。
本当は企業秘密にしてもいいのですが、
「こんなに大変なことは普通はしないし、できないから載せていいよ」
という許可を頂いたので載せます。

まず、前回の記事でも書いたように頂葉を収穫。

    ↓

洗う。

1031b.jpg

    ↓

葉っぱだけをとる。(茎は使いません)

1031c.jpg

     ↓

葉っぱを束ねる

1031d.jpg

1031e.jpg

    ↓

吊して低温乾燥。

1031f.jpg

    ↓

乾燥及び焙煎。低温乾燥したヤーコン茶葉の一部分を焙煎。
焙煎は、香ばしい臭いを出すためにしているそうです。
ただ、焙煎することによってポリフェノールなどの栄養素は減ってしまうので
混ぜる割合が難しいそうです。

    ↓

粉砕してティーパックに詰める。


という工程です。

前にも書いていますが、葉っぱだけをこんなに丁寧にお茶にしているのは、
石島社長とこのお茶があまりにおいしいので製法を聞いたという
北海道のヤーコン農家さん1件だけです。
北海道の農家の方も「こんな大変なことやってるの?」と驚いたそうです。
何しろ、収穫量の5%しか製品にならないという徹底ぶり。

それくらい味が違うんです。

実は主人が北海道出張した際、おみやげにヤーコン茶を買ってきてくれたんです。
どこのものとかパッケージは当然見せられませんが全然味が違いました。

まず臭いが全然違います。この青臭い臭いはつくばヤーコン茶にはないものです。
あと、暖かいうちはまだいいのですが、少しさめてから飲むと苦さが口に残ります。
つくばヤーコン茶も苦みをかすかに感じますが、こんな感じではありません。
しいて言うならドクダミ茶に近い感じがします。

これを飲んでヤーコン茶はおいしくない物と決めつけられてしまうと、
ちょっと辛いな〜〜という気がします。

石島社長が作っている「つくばヤーコン茶」はなぜこんなに大変なことを
しているかというと、おいしさを追求してなんです。
茎を取り除くというのも、苦みを減らすために出した社長の結論ですし、
焙煎方法も焙煎機を使うと高温になりすぎると言うことでホットプレートで
手間をかける。
「体にいいだけでは飲んでもらえない、やはりおいしくなくては!」という
社長のこだわりが詰まった「つくばヤーコン茶」を是非一度飲んでいただきたいなと
思います。




ヤーコン茶葉収穫

夜になって急に冷えてきましたね。
先週くらいから私と娘仲良く風邪気味です。

さて、先週末に石島社長から
「火曜日にヤーコンの葉っぱを収穫するから、写真撮りに来て」
とご連絡を頂きました。
もう、待ちに待った収穫なので電話で聞いたときはほんとにうれしかったです♪

が、朝起きて外を見ると路面が濡れています。
雨だと中止といわれていたので、一応電話で確認したところ
明日から寒波が来るらしく、今日天気を見ながら収穫してしまうとのこと。
ヤーコンの葉っぱは一度霜にあたると使えなくなってしまうらしい。

そんなわけで当初の予定の時間からは少し遅れましたが、差し入れのシュークリームを購入して取材&撮影に行ってきました!

まずは、収穫前の畑の様子。
前回行ったときからまた少し伸びていて、雑草も抜かれていました。
筑波山は残念ながら雲に隠れていました。
leaf5.jpg


そして、収穫風景です。

leaf2.jpg

右側が収穫済み。左側がこれから収穫。
長さが微妙に違います。
というのも、芋の生育に影響しないように上から約30cmのみの
収穫になります。
男性がお一人、お姉様達が3人で作業されていました。
本当は写真を撮らせていただきたかったのですが、何しろ今日一日で
作業を終わらせなければいけない事情から今回は遠慮しておきました。
ヤーコン収穫の時は是非お写真撮らせてくださいね。

下の写真は、収穫後の写真です。
真ん中に茎の切り口が見えますか?

leaf3.jpg


次の写真は収穫前のヤーコンなのですが、赤い線のところから切ります。
具体的には大きな葉っぱ4枚とおっしゃっていました。
これは株が少し小さめでしたが、上の写真でもわかるとおりほんとに少しだけしか
収穫出来ないんです。
芋のためもありますが、この頂葉だけのこだわりが他とは全く違う
おいしいヤーコン茶に繋がっているんです。

leaf4.jpg

今年は猛暑と水不足で生育が遅れたせいで、本来9月に一度収穫出来るはずの
ヤーコンの葉っぱが収穫出来ず、今回が今年の最初で最後の収穫なりそうです。
例年より収穫量が少ないと思うと、ヤーコン茶愛飲家としては
寂しい限りです。


こちらは、刈り取ったヤーコンの葉っぱを運んできた軽トラ。
ビニールの袋に入って積まれているのがヤーコンの葉っぱです。

leaf6.jpg


収穫したヤーコンの葉っぱは、ビニールハウス内で広げて
乾燥中。
leaf1.jpg

このあと、葉っぱだけをまとめて縛って乾燥。
茎も取り除かれ、そして石島社長オリジナルの製法により
ヤーコン茶に生まれ変わるわけです!

う〜ん。楽しみですね。

ヤーコン茶のお話はまだ書きたいことがあるので次回また記事にします。




店舗紹介

つくばヤーコン
つくばヤーコン
住 所 つくば市吉沼4895
電 話 029-865-0560

コンシェルジュ紹介

megyu
ぽんぽん

北海道出身の1児の母です。
つくばで暮らし始めて10年経ちました。
元々面倒くさがり屋で、引きこもりの上に方向音痴なせいで地元情報に疎い生活をおくってきましたが、少しずつ子供と一緒に行動範囲を広げていけたらいいなと思っています。
最近はまっているのは子供の服を作ること!
これから挑戦したいのは天然酵母のパン作り。
これじゃますます引きこもり・・・・?

アバター:萌える!アバターメーカー

Powerd by SMACON